第41回日本書展
特別企画

展覧会期中、特別企画として講演会を下記のような内容で行います。

 

講演会 10月20日(日)午後2時開始
東京都美術館 講堂

テーマ
書聖王羲之の意味」
講 師
書道史研究者 魚 住 和 晃 氏

書道史研究者、神戸大学名誉教授の魚住和晃氏をお迎えして講演会を東京都美術館講堂で開催いたします。多数のご来場をお待ちしています。


うおずみ かずあき
1946年生まれ。三重県出身。
東京教育大学教育学部大学院修士課程修了。
神戸大学国際文化学部教授。同大学院総合人間科学研究科教授を経て、同大学名誉教授。
天津大学客員教授、文学博士、書家、中国・
西冷印社名誉社員。
主な著書に
 『書聖 王羲之-その謎を解く』(岩波書店)
 『書道史・謎解き三十話』(岩波書店)
 『書を楽しもう』(岩波ジュニア新書)
 『「書」と漢字』(講談社学術文庫)
 『現代筆跡学序論』(文春新書)
 『書の十二則』(NHK生活人新書
)
 『宮島詠士 人と芸術』(二玄社)
 『張廉卿の書法と碑学』(研文出版)
 『筆跡鑑定入門』(芸術新聞社)など
編著書に
 『まんが・書の歴史』(講談社)全3冊など

 

 

 

 写真/松藤春蝉・岩城真由